TEL 0836-44-3388

〒759-0208 山口県宇部市西宇部南2-12-32

             診療時間のご案内

歯周病

歯周病

放っておくと歯を失う“歯茎と歯を支える骨の病気”です。
自覚症状なく進み、歯がぐらついたり、膿が出た時には、治療が難しい場合があります。
早期治療、メンテナンスが大切です。

歯周病の原因

歯と歯茎の隙間に入り込んだ歯周病菌が活動することにより起こります。
ブラッシングにより歯周病菌に栄養を与えないことが大切です。
歯についた磨き残しはお口の中の菌がそこで増え歯垢(=プラーク)になります。
プラークを放っておくと、そこは歯石になりブラッシングではなかなか取り除くことが出来なくなります。
やはり、日頃からの丁寧なブラッシングがとても大切です。

歯周病を手助けする要因

“歯ぎしり”や“くいしばり”は、無意識のうちに過大な力が加わることで歯を支える骨に負担を与え歯周病の進行を早めます。
他に、糖尿病、ストレス、薬剤の服用によっても進行を早める場合もあります。